ネオプレーン 防寒防水ハンドルカバー【Dio110(JF31)】カスタム。取付方法やコツ。

Dio110

OSS ( 大阪繊維資材 ) ネオプレーン 防寒防水ハンドルカバー ブラック 保温性抜群

ハンドルカバーが付いているバイクを見ると「カッコ悪い。」「出前みたい。」とか言われますよね。
しかし背に腹は代えられない、グローブだと運転してるうちに指の先が冷たくなって動かなくなってしまう。
このハンドルカバーは防水で水は通さないし、風も通さない。素手で大丈夫なので操作性も良い。ハンドルウォーマーを付けるまでも無いです。
ウィンカー操作をする為親指の所が薄いネオプレーンでは無い生地になっている。雨が降ると少し染みた感じになるのが欠点です。


デザインがシンプル過ぎると思う方は、コミネのネオプレーンハンドルカバーはどうでしょう。こちらは親指の所もネオプレーンを使っているので雨でも大丈夫です。逆にウィンカー操作が……ですね。
手を入れる袖口も違います。OSSは巾着のように絞めるタイプ。KOMINEは伸縮性のある袖口になっています。

商品内容
・ハンドルカバー本体

取付方法
1.穴が2つ有るので、小さい方をレバー。大きい方をグリップに通す。
2.グリップがスッポリ入るように奥まで押し込む。(大きい穴がグリップの外側まで行っていないと、アクセルが回りにくいです。)


3.紐をサイドミラーに縛り付ける。(サイドミラーをはずにて穴に通すようになっているが、面倒くさがりの私は通しません。)

作業時間
20分程度。私は5分程度(サイドミラーを外して穴に通さない為)。

値段
私が購入した時は¥2,364-。今現在Amazonでの価格は¥2,063-。KOMINE(コミネ)¥1,983-~¥3,303-(コミネは色や種類が豊富なので、値段差が有ります。同等のベーシックなもので¥2,045-)
※価格は常に変動しています。あくまでも目安としてお考え下さい。

ネオプレーン 防寒防水ハンドルカバー。【Dio110(JF31)】カスタム。取付方法やコツ。

防寒防水ハンドルカバー YouTube

コメント

タイトルとURLをコピーしました